コイン総合ニュース

SONM(ソーン)ネットワークマイニングで組織されたスーパーコンピュータ

time 2017/06/14

SONM(ソーン)ネットワークマイニングで組織されたスーパーコンピュータ

SONM(ソーン)ネットワークマイニングで組織されたスーパーコンピュータ

SONM(ソーン)はグローバルに分散したコンピューティングパワーでEthereumをベースとした「分散型フォグスーパーコンピュータ」に世界中のマイナーが参加できるネットワークを構築する。

プロジェクトの目的は、ゲームサーバーや自由市場を利用した科学計算などの汎用コンピューティングワークロードを実行する為、”費用対効果”の高い安全な方法を提供すること。

 

SONMのユースケース

SONMのユースケースは”科学計算”と言われる場合において、多くの利用機会を得ることを念頭に開発されている。

サイトホスティング

顧客との直接取引を行うエンドバイヤーのホスティングサービスを手助けします。

科学研究

研究において天文学的な数字・計算を手助けします。

Web/モバイルアプリケーションへの応用

アプリのホスティング、及びプラットフォームのバックエンドに貢献します。

機械学習(machine learning)

データ解析 ・アルゴリズム計算に貢献します。

ゲームサーバー

オンラインゲーム等のサーバー運営、バックエンドの管理に貢献します。

オンデマンド・ビデオストリーミングサービス

中断やスムーズなアップロードに貢献します。

ビデオレンダリング

より速く、安価にレンダリングを可能とする。

SONMを支える『SOSNA technology』

SONMプロジェクトを土台から支える構造『SOSNA technology』。その構造は多段階で構成されている。

1.Whisper

ノード通信の為のpeer-to-peer技術。

2.BtSync

迅速かつ安全なデータ転送の為のpeer-to-peerシステム。

3.Docker Container

コンピューティングの並列性と任意のデバイスで動作する適切なアプリケーションを保証する独立した環境。

4.andex.Cocaine

オープンソースのPaaS(Platform-as-a-Service)技術、分散コンピューティングプラットフォーム。

5.Fog computing(フォグコンピューティング)

クラウドと比較して分散型で効率的なコンピューティングモデル。

6.Ethereumスマートコントラクト

システム参加者の透明性とセキュリティを保証するコンサンセスシステム。

SONMのマイナー/バイヤーの役割

SONMのコンピューターパワーは市場に様々な影響を及ぼします。特にマイナー/バイヤー(主にSONM利用ユーザー:サーバー管理企業、オンラインゲームサーバー提供企業などを想定)には以下のようなメリットを提供します。

Miners(マイナー)

SONMはネットワーク内の全員に対して計算を実行することにより、マイナーがトークンを獲得する機会を提供しています。
それは、世界のどこにいても、スマートデバイス(CPU、GPU、Playstation、スマートフォンなど)を軸にしてフォグ・コンピューティングネットワークに参加することが可能であり、SONMアプリケーションプールを介してコンピューティングパワーをpeer-to-peerで販売、活用することができます。

Buyers(バイヤー)

バイヤーはコスト効率、セキュリティ、およびスケーラビリティの観点から、集中型クラウドサービス(Amazon Web Serviceなど)の代替としてSONMフォグコンピューティングを使用することにより利益を得ます。インフラ・従業員は要らず、データはクラウドに保存され、マイナーの分散化されたコンピューティングネットワークに暗号化されて安全に格納されます。バイヤーは自身のビジネス・プロジェクトに必要なレンタル時間、コンピュータアーキテクチャ(必要とする容量・構造)を選択、コストを設定することができます。

ICOの詳細

トークンの詳細

トークンの供給: 2億2200万SNM
*ICO時の発行量は1億6500万SNM(およそ75%)。新しいトークン作成予定はなし。
ブロックチェーン:Ethereumベース

セールの詳細

販売期間: 2017年6月15日〜2017年7月15日
最初の価格: 0.0014025 ETH
受け入れられる通貨: ETH
トークンの配布日: 販売終了直後
最小投資目標: なし
最大投資キャップ: 3800万ドル

関連リンク

SONM

SONM ICO