コイン総合ニュース

Bitcoin価格が$2,000の節目を越えるもアナリストは”さらなる利益を生み出す”

time 2017/05/21

Bitcoin価格が$2,000の節目を越えるもアナリストは”さらなる利益を生み出す”

Bitcoin価格が$2,000の節目を越えるもアナリストは”さらなる利益を生み出す”

20日にBitcoinの価格が「$2,000」の節目を超えた。「$1,000」に続く心理的節目をBitcoinはあっさりと通過した。この動きにはトレーダー、アナリストもさらなる上昇、さらなる「All-Time High(最高値)」を期待する声も上がっている。

昨年の5月のBitcoin価格は450ドル、5倍近くの上昇だった。今年3月時点では850ドルであり、その倍率は2〜2.3倍だった。

引用:Bitcoin(BTC)$ 2196.24(4.54%)| CryptoCurrency時価総額

節目を超えたあとも上昇する要因

$2,000の節目を超えてもなお、Bitcoin価格は現在も上昇している。この理由は何だろうか?アナリストたちは以下のように語る。

レバレッジドデジタル通貨プラットフォームBitMEXの共同設立者兼最高経営責任者(CEO)であるArthur Hayes氏は「Bitcoinの価格は”納得のいくもの”として$2,000を超えるべきだった」と語った。

CryptConmpareの共同設立者兼CEOであるCharles Hayter氏はこの価格水準の重要性について

心理学的なレベルでは、2,000ドルを突破するBitcoinは重要なマイルストーンであり、さらに価格を引き上げる可能性のあるさらなる利益を生み出すだろう」と語った。

Bitcoin価格が$2,000を超えたことで、さらに上昇する要因もいくつか”浮上”してきた。「新規ユーザーの参加」と「トレーダーの関心が高まった」ことが表面化してきたのである。

”金”の価格を超えたBitcoin

$2,000を超えた時、Bitcoinは”Gold(金)”の価格も超えた。ここからメディアでの「Bitcoin」露出が激しくなり、これまでBitcoinの名前だけは知っていた、というユーザーがBitcoinにバブルを感じてBitcoinのバブルに拍車を掛けている節がある。

現に「Googleトレンド」のデータでは『Bitcoin』のワード検索が急増している。

ビットコイン – 調べる – Google トレンド

さらにこのGoogleトレンドの「ビットコイン(通貨)」ワード検索チャートは実際のBitcoin価格のチャートと比例した動きを見せている。これは世界の関心がそのままBitcoin価格にダイレクトに反映していることを意味する。Bitcoin価格の今後の動きを見る上で重要な指標の一つかもしれない。

大きく動くスプレッドにチャンスを見る”トレーダー”

Bitcoinの価格は日に1万円前後の動き、振れ幅をここ数日見せている。このスプレッド幅に嬉々として取り組んでいるのは世界中のトレーダーだ。

信用取引が可能となった取引所が増えている上に、米国の有力取引所「Poloniex」、「Kraken」では出来高量(売買の取引量の総量)が前日比で25%近く増加していることが数日続いている、と報告している。Poloniexは以下のようにプレス発表もしている。

ここ数カ月の間にブロックチェーントークンを取引するような熱意は見たことがありません。1月以降、オンラインで600%を超えるアクティブトレーダーの増加が見られ、わずか4ヶ月前よりも640%多くの取引が定期的に処理されています。

引用:Industry growth and its effect on Poloniex

FXからの転身してきたトレーダーも多く、そのようなトレーダーほどBitcoin及び暗号通貨それぞれの「スプレッド幅の大きさ」と「上昇するバイアスの強さ」に驚き、チャンスを感じていると言う。

日本からの資金流入も加速

”日本からの資金流入が加速している”という。次のツイートは直近6ヶ月間のBTC取引においてUSD、EUR、JPYなどのそれぞれの通貨で資金がどれだけ流入しているかを表している。


驚くのはJPY(日本円)が49%近くも占めていることだ。しかし、これには”現物での数字を取らなければ”、との反論もあり、正確な数字かどうかはまだ判明していない。

どちらにしても日本では4月の「仮想通貨法案」が施工されてからBitcoinを始め、暗号通貨のメディア露出、認知度が極端に増えてきており、その影響で新規参入ユーザーが急増している。法で規制することで規制をクリアした通貨、取引所(専門業者)は大手を振って取引ができる。

また、暗号通貨の認知度上昇要因の一つとしてRippleへの参加、高騰も挙げられる。(SBIや三菱東京UFJなど日本のメガバンクがRippleとの提携するニュースが相次いだ為か。)

置き去りにされている技術的懸念

Bitcoinが市場最高値を記録した陰に隠れて未だに解決してはいない「スケーラビリティ問題」を忘れてはいけない。

価格が最高値を記録していても、それは技術的懸念「スケーラビリティ問題」を解決せずに価格だけが高騰している状態であり、根本的な解決は今ひとつ進んでいない。

それでもBitcoin Unlimited、Segwitに続く第3の手段「UASF」の期日「8月1日(フラグ・デイ)」も残り3ヶ月を切っている。

次なる動きはBitcoin価格をどう突き動かすのか?その挙動次第では暗号通貨全体の動きも大幅に変動するかもしれない。