コイン総合ニュース

Aeternity(エタニティ)予測市場によるガバナンスを可能とする分散型オラクルプラットフォーム

time 2017/05/22

Aeternity(エタニティ)予測市場によるガバナンスを可能とする分散型オラクルプラットフォーム

Aeternity(エタニティ)予測市場によるガバナンスを可能とする分散型オラクルプラットフォーム

Aeternityは予測市場を主目的とはしているが、その用途は多目的だ。Bitcoinで問題になっている”スケーラビリティ問題”をすでに開発段階にて克服し、Ethereumベース上における”スマートコントラクト”を応用して以下に述べる様々な用途で利用が期待される。

また、「Oracleプラットフォーム」=分散型データベースプラットフォームとしての役割を持ち、予測市場を構築する際に役立てられます。

詰まるところ、”スマートコントラクトを高機能化させた”暗号通貨プロジェクトだ。

Aeternityの機能・特徴

”スマートコントラクトを高機能化させた”暗号通貨プロジェクトAeternityは以下のような機能・特徴を有している。

分散型Oracleシステム

実世界のあらゆるデータ(選挙の結果、金などの資産の価格、気象条件など)を格納して予測市場を高機能なスマートコントラクトと共に管理していく。また、既存の予測市場プラットフォーム、またはそのOracleシステム(データベース)は単一障害点である為、ダウンタイムの危険性が指摘されてきたが、Aeternityは分散型Oracleシステムを提供する為、”ゼロダウンタイム”な予測市場プラットフォームを提供できる。

ステートチャンネル

Bitcoinで提唱されているライトニングネットワーク(未実装)のマイクロペイメントをAeternityも提供する。トラストレス(TrustLess:信用する必要がない)取引を可能とすることで世界中の誰とでも取引を可能とします。参加者の取引履歴はプライベートな情報となり、公開はされません。インターネット上のトラストレスな取引になりますので光速でのセキュリティの高い取引を世界中で利用することが可能です。

ステートチャンネルの場合、マイクロペイメント以外にもIoTにも活用が期待される。

PoW+PoS

PoW(Proof of Work)とPoS(Proof of Stake)を組み合わせたハイブリッドコンサンセスを実現。スマートフォンでもマイニングが可能となっている。

その他の機能・特徴

予測市場にはe-Sportsも含まれる。また、クラウドファンディングや予測市場のガバナンスシステムとして完全自律的なDAOも予定している。

ICOの詳細

AeternityのICOはすでに第1次募集を4月3〜6日で完了しており、今回のICO期間5月29日から6月19日まで20日の予定。第1次募集のICOでは3日間で570万ドル(約6億円)を調達した。

 

【トークンの詳細】

トークンの供給: トークン販売参加に比例
Blockchain: Ethereum
コンサンセス: PoW,PoS

【セールの詳細】

販売期間: 2017年5月29日〜2017年6月19日
最初の価格: 0.00125 ETH
受け入れられる通貨: ETHおよびBTC
トークンの配布日: 不明
最小投資目標: なし
最大投資キャップ: なし

ボーナススケジュール

最初の24時間 0.00125 ETH
最初の週 0.00133 ETH
二週間目 0.00143 ETH
最終週 0.00154 ETH

 

関連リンク

aeternity | æternity Blockchain