コイン総合ニュース

First Blood(ファーストブラッド)P2P競争ゲームプレイのための分散型プラットフォーム

time 2016/09/20

First Blood(ファーストブラッド)P2P競争ゲームプレイのための分散型プラットフォーム

First Blood(ファーストブラッド)P2P競争ゲームプレイのための分散型プラットフォーム

First Bloodは、eSports(Electric Sportsの略称:コンピュータ上で行えるスポーツを指す。ゲームスポーツ)におけるP2P競争ゲームプラットフォームを提供する暗号通貨プロジェクト。

First BloodはEthereumブロックチェーン上の分散型Oracles(分散型データベース)によって構築される。

eSportsを競い合うプラットフォーム

FirstBloodでeSportsをする際は、「競争相手」と「1ST(FirstBloodトークン)」が必要になります。ゲームに参加する人間が互いにFirstBloodトークン「1ST」をベットすることでゲームは開始されます。最初のプレイ時に1STトークンを払い出せば、それ以降はゲームプレイに1STトークンをベットするは必要ない。(プレイのみの場合)

その中でプレイヤーはプレイヤー自身に、観戦者はそれぞれの結果にベットすることができます。将来的にはFirstBloofとして他の暗号通貨を同プラットフォーム上で取り扱っていきたい狙いだ。

Witnessノードがゲームの審判役になり、勝者を判断します。審判者には報酬が支払われます。この際に試合の結果に争いが見られる場合はJVP(投票プール、陪審員制度)で審議され、どちらかの結果に投票されます。このJVP審判役・陪審員役は無造作にランダムに選出され、審議結果が決定した後に報酬が支払われます。

プレイヤーの優劣を決定する公正なランキング制度

FirstBloodは同プラットフォーム上でプレイヤーに”健康的で競争の激しい環境”を奨励する為に「グローバルランキング(リーダーボードスタイル)」と「マッチメイキングランキング(MMR)」、「ユーザー評価システム(URS)」などのランキングシステムとレピュテーションシステムを実装します。

グローバルランキングシステム(リーダーボードスタイル)

ユーザーが成果と一致した結果に基づいて評価を獲得することができる。このランク付けシステムはFirstBloodプレイヤー間の競争を奨励します。上位ランクのプレイヤーは、”メンター”として1STトークンと引き換えに下位ランクのプレイヤーを教えることができる。

マッチメイキングランキング(MMR)

全ての試合後に調整されるランキングシステム。ユーザーは自分のスキルに基づいて、自分と同等程度のユーザー同士での交流・ペア設定が可能となる。

ユーザーの評判システム(URS)

正確に行動していないプレイヤーを罰するシステムです。URSはプラットフォーム上のいかなる場面において活用されます。MMRの評判スコアが高いユーザーにも高いマッチング優先度を与えます。

FirstBloodプラットフォームはそのほかに、トーナメントをホストする機能、アクティブなプレイヤーを招待してユーザーに報酬を与える紹介プログラムなどを用意しています。

プラットフォーム内で1STトークンと引き換えに商品を提供できる小売店サービス、またはそれらと提携できるDappsサービスを企画しています。

運営及びバックアップメンバー

FirstBloodの運営チーム及びバックアップメンバーは、Ethereumで構築された分散型オプション取引所であるEtherOptt創設者Zack Coburn氏、Alt-Optionsの共同設立者兼CEOであるJoe Zhou氏、Augurのコア開発者Joey Krug氏、LocalBitcoinsの共同設立者であるMikko OhtamaaCTO。

First BloodのICO詳細

クラウドセール開始は9月26日午前12時。1ヶ月継続する予定。

ICOの最初の1時間は1STトークンは70%割引で販売されます。時間の経過と共に割引率は減少していきます。

関連リンク

FIRST BLOOD

FIRST BLOOD Crowdsale