コイン総合ニュース

BOScoin(ボスコイン)ユーザーフレンドリーに設計された分散型契約プラットフォーム

time 2017/05/07

BOScoin(ボスコイン)ユーザーフレンドリーに設計された分散型契約プラットフォーム

BOScoin(ボスコイン)ユーザーフレンドリーに設計された分散型契約プラットフォーム

Web Ontology Language(OWL)で書かれた契約を持つ、Ethereumに似たブロックチェーンプラットフォームです。プログラミング言語であり、学界や医学、金融業界で頻繁に使用されています。「信託契約」と呼ばれるBOScoinのスマート契約は完全には完了しません。開発チームは、主に金融取引に使用される分散型契約システムを構築したいと考えていました。OWLには、このユースケースにはいくつかの利点があります。

ユースケース

決定:信託契約は100%決定可能です。つまり、資本がうまく設計されていない契約に縛られたり、浪費されたりするリスクが少なくなります。

標準化:信託契約は、アイデンティティの管理されたライブラリに基づいて行われ、契約書の作成方法の基準を提供します。

簡単に読める:信頼関係のない契約は、プログラミングになじみのない一般人のユーザーにとって分かりやすいでしょう。

BOScoinのICO詳細

BOScoinのICO詳細は以下の通りです。

【トークンの詳細】

トークンの役割: 支払い権、議決権、ブロック作成権
トークンの供給: 50億
ICOで配布: 276,093,688.786
排出量: 100年後の供給は最大に増加する
ブロックチェーンベース: BOScoin
コンセンサス法: フェデレーションされたビザンチンフォールトトレランス

【セールの詳細】

販売期間: 2017年5月10日〜2017年6月20日
受け入れられる通貨: BTC
投資ラウンド: 第2回公募
トークンの配布日: ブロックチェーンの立ち上げ時に分散
最小投資目標: なし
最大投資キャップ: 6,902 BTC
最小生存可能な製品: 2017年秋

関連リンク

公式サイト