コイン総合ニュース

GnosisのICOダッチオークションは10分で約300億円を調達

time 2017/04/25

GnosisのICOダッチオークションは10分で約300億円を調達

GnosisのICOダッチオークションは10分で約300億円を調達

日本時間で4月25日午前2時に予定されていた分散型予測市場のプラットフォーム「Gnosis(グノーシス)」のICOダッチオークションが開始10分で予定していたトークン販売数「1,000万GNO」を完売、約300億円近い資金を調達した。

GnosisのICOはこれまでのICOとは違い、「Dutch Auction(ダッチオークション)」形式でやや変則的なICOとなっていました。ダッチオークションは”逆オークション”とも言われ、高い値段から始まり徐々に値段を下げ買い手を募集する、というものです。

CoinCC:Gnosis(グノーシス)予測市場の為の分散型プラットフォーム

前回記事「Gnosis(グノーシス)予測市場の為の分散型プラットフォーム」で説明した通り、最近のICOが過熱気味であること、早急にICO・トークンが完売してしまい、利用者全体にトークンが行き渡らないことを懸念してのダッチオークション導入でした。

しかし、ダッチオークションの説明がICO前に各所で「今回はゆっくり売れるのではないか?」という憶測があったにも関わらず、トークンセール開始、わずか10分で予定していたトークンが完売しました。これは、Gnosis運営側が所持するトークンの内、4%分でしかなく残り96%近くを運営側が保持する、という形になりました。

また、ICO終了して間も無くに世界でも有数のビットコイン取引所「Poloniex(ポロニエックス)」での上場が知らされました。