コイン総合ニュース

ソフトバンクと米子会社Sprintが通信事業者向け「ブロックチェーン」技術を共同開発へ

time 2017/02/26

ソフトバンクと米子会社Sprintが通信事業者向け「ブロックチェーン」技術を共同開発へ

ソフトバンクと米子会社Sprintが通信事業者向け「ブロックチェーン」技術を共同開発へ

24日、ソフトバンク株式会社とソフトバンクグループ米子会社「Sprint(スプリント)」、米TBCASoft, Inc.が通信事業者向け「ブロックチェーン」技術の共同開発を目的とした技術提携について合意したと発表した。

TBCASoftは米国を拠点に、通信事業者に向けて革新的なブロックチェーン技術の開発を行うスタートアップ企業。3社は安全な清算や決済、個人認証、IoT端末向けアプリケーションなど様々なサービスを実現する、通信事業者間のブロックチェーン・プラットフォームの構築を目指し、研究開発を推進していく模様。

2017年6月より、TBCASoftをブロックチェーン・プラットフォームをソフトバンク及びスプリントのシステムに接続する実証実験を行うことを目指しています。また今後、関連技術や事業かへ向けた課題及び各国の管轄官庁の法令や規制に関する検討においても、緊密に連携を予定しているという。