コイン総合ニュース

【7月22日(土)】各通貨トレードの戦略 今日の見通し

time 2017/07/22

【7月22日(土)】各通貨トレードの戦略 今日の見通し

*coincheckさんの「トレードビュー」を利用しています。

全体的な考察としては、【 様子見(特殊) 】です。

昨日と同様に「様子見(特殊)」としています。
ほとんどの通貨が上昇基調になりつつありますが、まだSegwitのソフトフォークが実装されるまで、どのような着地がなされるかハッキリしていません。もう一段の下落が懸念される為、「買い」を検討する方は控えておきましょう。

 

Bitcoin:BTC/JPY

6月4日から7月22日までの4時間ローソク足

反発、上昇するも高値のラインに「壁」

Segwit案の高支持率が表明され、一安心ムード後に価格が急上昇した節があります。

しかし、「¥300000」の高値ライン(黄色点線)の壁を一旦は大幅に上抜けるも売り圧力が強く、まだこの高値ラインを抜け切ったとは言い切れません。

7月9日付近から下落した分を今回は取り戻しましたので、この後は高値ラインの壁を抜け切るか、あるいは反発され下落するか、今後の分裂問題の動静に注目です。

なお、最高値は6月14日付近に「¥340000」(水色円)を付けています。

 

Ethereum:ETH/JPY

6月4日から7月22日までの4時間ローソク足

反発、上昇するも高値のラインに「壁」

ETH/JPYペアもBTC/JPYペア同様に17日の安値を底打ち後、反発、上昇に転じていますが、直近高値ライン(黄色点線)の壁に阻まれ、下落して今は落ち着いたレンジ相場を形成しています。

しかし、BTC/JPYペアと違うのはチャートの”最高値圏での反発ではない”、ということです。

ETH/JPYの最高値は「¥47000」付近(水色円)。現在の高値ラインの「壁」を越えれば、上昇トレンドラインが形成されますので、ある程度の上昇は見込めるかもしれません。

注目するべき点は、次の安値。現在の直近安値ラインは「¥21000」付近(赤色点線)。この安値を割らなければ、上昇トレンドへの転換は考えられます。

 

Ethereum Classic:ETC/JPY

6月4日から7月22日までの4時間ローソク足

振れ幅大きくもレンジ相場を構成

7月11〜15日の間で高騰したエネルギーほどの上昇は見せず、未だにレンジ相場を抜けきれない状態です。

直近高値は「¥2100」付近(黄色点線)。この高値ラインを抜けきれば、もう一段の上昇、または最高値「¥2600」(水色円)へと向けて上昇トレンドを再形成する可能性が考えられます。

直近安値ラインは「¥1600」(赤色点線)。この安値を割らなければ、上昇トレンドの機会を伺っても良い。

 

Lisk:LSK/JPY

6月4日から7月22日までの4時間ローソク足

「三角保ち合い」突破を目指す

直近高値ライン「¥220」付近(黄色点線)の壁に向けて、徐々にトレンドラインが切り上がっていることが分かる。

この「三角保ち合い」の結果、上昇に転じる可能性が今は高く見える。高値ラインを超えた時に一気に噴出する可能性もある。

下落した場合、安値ライン「¥150」を割り込むかどうかがカギとなる。

 

Factom:FCT/JPY

6月4日から7月22日までの4時間ローソク足

レンジ相場を脱するか

FCT/JPYも、LSK/JPY、ETH/JPYと同様にレンジ相場の中で三角保ち合いを形成して、今にも高値ラインを越えようとする挙動が見えています。

直近の高値ラインは「¥2000」付近(黄色点線)。この高値ラインを超えられるなら、もう一段の上昇も考えられます。

その先の高値ラインは「¥2500」付近が考えられます。前回安値が高値ラインとなる考えです。

もし、現在値から下落した場合は、安値ライン「¥1500」付近(赤色点線)を割り込むかどうか、注目しましょう。

最高値は「¥4000」(水色円)。

 

Monero:XMR/JPY

6月2日から7月22日までの4時間ローソク足

レンジのボックスから脱出なるか

XMR/JPYも、LSK/JPY、ETH/JPYと同様にレンジ相場の中で三角保ち合いを形成して、今にも高値ラインを越えようとする挙動が見えています。

直近高値ライン「¥4600」(黄色点線)の壁を超えられるか、が注目です。しかし、他のレンジからの高値へ目指している通貨ペアと違い、やや勢いが足りないように見えます。

直近安値ライン「¥4100」(赤色点線)を割り込むようなら下落に転じる可能性があります。

 

Augur:REP/JPY

6月2日から7月22日までの4時間ローソク足

レンジから安値切り上がり

REP/JPYも、LSK/JPY、ETH/JPYと同様にレンジ相場の中で三角保ち合いを形成して、今にも高値ラインを越えようとする挙動が見えています。

直近高値ライン「¥2300」付近(黄色点線)を超えられるかどうかが注目するポイントになります。

逆に下落に転じる場合は、直近安値ライン「¥1800」付近(赤色点線)を割り込むと一転、下落トレンドを形成する可能性があります。

 

Ripple:XRP/JPY

6月2日から7月22日までの4時間ローソク足

安値切り上げ、レンジ脱出なるか

XRP/JPYも、LSK/JPY、ETH/JPYと同様にレンジ相場の中で三角保ち合いを形成して、今にも高値ラインを越えようとする挙動が見えています。

直近高値ライン「¥21」付近(黄色点線)の壁を超えていけるか、が注目です。

下落に転じる場合は、直近安値ライン「¥18」を割り込むかどうか、に注意していきましょう。

 

Zcash:ZEC/JPY

6月4日から7月22日までの4時間ローソク足

レンジを安値切り上げ上昇転換するか

ZEC/JPYも、LSK/JPY、ETH/JPYと同様にレンジ相場の中で三角保ち合いを形成して、今にも高値ラインを越えようとする挙動が見えています。

直近高値ライン「¥25000」付近(黄色点線)を超えられるか、が注目です。

直近安値ライン「¥20000」付近(赤色点線)を割り込む場合は下落に転じることも可能性に置いておきましょう。

 

NEM:XEM/JPY

6月3日から7発22日までの4時間ローソク足

レンジ脱出、上昇トレンドに転換か

XEM/JPYは、LSK/JPY、ETH/JPYなどの一段階上に上昇した状態を推移しています。それまでの直近高値黄色点線ラインを上抜け、三角保ち合いを突破しています。

次の高値ライン「¥18」付近(青色点線)を越えることができれば、さらなる上昇が見えてきます。

現在は黄色点線ライン「¥15」付近をサポートとして推移していますが、このラインを割り込む場合はより一層の下落が懸念されます。

 

Litecoin:LTC/JPY

6月3日から7月22日までの4時間ローソク足

レンジへの移行が懸念される

直近高値ライン「¥5400」付近(黄色点線)を高値として、その壁に反発されています。

ただ、安値が徐々に切り上がっていることも確認できます。直近高値ラインを超えられるかどうかに注目です。

現在は、三角保ち合いを短い時間軸で形成しており、上昇・下落どちらかに動くかにも注目です。

直近安値ラインは「¥4100」付近(赤色点線)になります。

 

Dash:DASH/JPY

6月4日から7月22日までの4時間ローソク足

勢い強く反発、高値ラインに衝突

ETH/JPY、LSK/JPYなどと同様に下落から反発、上昇している。

下落、反発共に勢いは鋭いが、直近高値ライン「¥22000」付近(黄色点線)の壁に衝突し、勢いはストップしている。

一旦の下落が懸念される為、その場合は直近安値ライン「¥16000」付近(赤色点線)を割り込むと一段の下落が懸念される。