コイン総合ニュース

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)の共同声明が発表 bitbank,coincheck,BTCBOXなど各取引所も声明発表

time 2017/07/18

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)の共同声明が発表 bitbank,coincheck,BTCBOXなど各取引所も声明発表

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)が18日、8月1日に懸念されるBitcoionのフォーク(分裂)問題に関しての対応について、同協会サイト上で各協会員からなる共同声明を発表した。

8月1日に予期されるビットコイン分岐危機に向けた対応について

8月1〜4日までBitcoin受け入れ、引き出し停止措置

JCBAが発表した共同声明では、「8月1日00:00(日本時間)から4日16:00(日本時間)までの間、Bitcoinでの受付・引き出しの停止措置」が主な内容。

備考として以下の事項も挙げられている。

  • Bitcoin受付・引き出し停止後、受付・引き出し再開時刻は未定。
  • 8月4日16:00までに受付・引き出しの処理が可能と判断出来る場合は、受付・引き出し再開時刻を繰り上げる。
  • 8月4日16:00までに受付・引き出しの処理が不可能と判断出来る場合は、4日16:00を目処に停止措置延長のアナウンスを行う。

JCBAとしての大筋の内容は、一定期間中のBitcoin受付・引き出し停止措置までに留めています。

 

JCBAに所属する各取引所でもアナウンスが始まっています。

bitbank.cc

coincheck

BTCBOX

取引所により違いがありますが、”Bitcoinが分裂(フォーク:分岐)した場合”の措置に言及している部分もあります。

各取引所の動向としては
Bitcoinの分岐元(Core:コア、Classic:クラシックなどいくつか呼び名が考えられています。)」
Bitcoinの分岐された側
としてそれぞれ通貨として扱い、”分岐された側”のトークンはIOU(先物と同様)として取り扱う、などという対応を検討しているようです。