コイン総合ニュース

中国司法がビッグデータ先進地域「貴州省」にブロックチェーン導入へ

time 2017/07/18

中国司法がビッグデータ先進地域「貴州省」にブロックチェーン導入へ

中国の最高司法長官Zhou Qiang氏が中国南西部・貴州省の貴陽市にてブロックチェーン技術に関する説明会を行なった。

目的は中国の司法上における裁判制度をデジタル化し、国内に裁判所判決の執行に内在する困難を減らそうとする為に計画しているプロジェクトを進める為、と国内メディアは報じている。

大規模なビッグデータの管理に”ブロックチェーン”を

計画しているプロジェクトでは、国家与信制度と資産登録をブロックチェーン上に記録・管理することを目的としているという。

中国では世界1位の大人口大国でありながら、国民のデータ不足が懸念されている。裁判所の判例の中には正当性を証明する為の参照データが不足していることにより正確な判決が出せない、などの問題があるようだ。

裁判所は被告、及び原告の”資産がどこにあるのか?”、また”どの資産を所有しているのか?”を把握していない為、捜査プロセスが難航しているのが現状であり、裁判所に大きな負担を掛けている、とZhou Qiang氏は話す。

 

各機関との協力・政治的バックアップ

このプロジェクトの推進に、貴陽市の裁判所システムがテスト的に扱われるが最終的に国家プロジェクト規模になることが予想される為か多くの機関・団体が協力している。

また、政治的バックアップも早々に取り付けており、貴陽市、貴州省全体でこのプロジェクトを進めていくようだ。

今後の中国のブロックチェーンに対する取り組みも注目だ。