コイン総合ニュース

bitFlyer(ビットフライヤー)Litecoin(ライトコイン)の取り扱いを開始 LTC/JPYでの売買が可能

time 2017/07/14

bitFlyer(ビットフライヤー)Litecoin(ライトコイン)の取り扱いを開始 LTC/JPYでの売買が可能

国内大手取引所bitFlyer(ビットフライヤー)がBitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)の取り扱いに次いで、Litecoin(LTC)の取り扱いを14日開始したとアナウンスした。

今回のbitFlyerによるLitecoin取り扱い開始のアナウンスは8月1日に懸念されるBitcoin分裂問題を前に”Litecoinへの資金回避が集中するのではないか?”ということを念頭に置いた戦略ではないかと言われる。

Litecoinは”Bitcoin分裂問題”対策になり得るか

Litecoinは、Bitcoin分裂問題の解決方法の一つ「Segwit」をすでに実装しており、今回の騒動でBitcoin及びその他アルトコインの資金の回避地として注目を浴びている。

8月1日のBitcoin UASFを前にSegwitを実装済LTC、MONAが高騰。『有力な回避地』の実力は?

注目を浴びるLitecoin

LitecoinはbitFlyerでの取り扱い開始以外にも「Bitcoinの1日の取引量をLitecoinの取引量が抜く」、「オーストリアではBitcoinの購入以外にもLitecoinの購入も可能」など世界中で注目を浴びています。

オーストリアの郵便局[Post Ofice]がBitcoin購入カウンターを今後数ヶ月で導入