コイン総合ニュース

Ripple(リップル)は英中央銀行とクロスボーダーペイメント実証実験にプロトコルを提供

time 2017/07/14

Ripple(リップル)は英中央銀行とクロスボーダーペイメント実証実験にプロトコルを提供

Ripple(リップル)は英中央銀行とクロスボーダーペイメント実証実験にプロトコルを提供

Ripple(リップル)はイングランド銀行(Bank of England)のクロスボーダーペイメント実証実験に「異なる分散台帳システム間のトランザクションを容易に行えるように設計された『Interledgerプロトコル』」を提供した。

2つの異なるRTGS「リアルタイムの総決済」システムでのトランザクション

イングランド銀行はこのテストで、2つの異なるRTGSシステムで同時に実行されるクロスボーダーな支払いを行う実験を行なった。これらの実験はトランザクションの決済を同期させる手段として機能する可能性があります。

イングランド銀行が興行したこの実証実験の概要では、今後の国際的な送金・決済仕様の為の”テスト”として次のように述べています。

卸売市場に適用される国境を超えた支払いは、Ripple製品が取り扱うように設計された小売や企業の取引と比べて、様々な課題を抱えています。

FinTech Accelerator – results of latest round of Proofs of Concept

イングランド銀行は昨年からブロックチェーンを含む新技術のテストの一環として、FinTechスタートアップ協会を立ち上げ、数ヶ月間の実証実験を試してきました。
英中央銀行は行内の内部インフラストラクチャを置き換えており、次のRTGSシステムの技術と互換性を取れるように計画しています。