コイン総合ニュース

bitbank( ビットバンク) ポイントサイト運営「セレス」から出資 資本・業務提携へ

time 2017/07/12

bitbank( ビットバンク) ポイントサイト運営「セレス」から出資 資本・業務提携へ

bitbank( ビットバンク) ポイントサイト運営「セレス」から出資 資本・業務提携へ

国内大手取引所「bitbank.cc」を運営するbitbank(ビットバンク)がポイントサイト運営企業「セレス」から8億5千万円の出資を受けスマートフォン向けサービスや発行したポイントを仮想通貨に換金するなどのサービスを協業して提供する予定。

bitbankは取引所bitbank.cc以外にも、仮想通貨のトレードプラットフォーム「bitbank trade(ビットバンクトレード)」、ブロックチェーン・仮想通貨の国内向けニュースメディア「ビットコインニュースBTCN」などを運営する。

セレスはポイントサイトを運営する企業で代表的なポイントサイトが「moppy(モッピー)」や「お財布.com」。

株式会社セレス – インターネットマーケティングを通じて豊かな世界を実現する

”ポイントサイト”と”仮想通貨”の親和性

セレスは自社が運営するポイントサイトのユーザー数1000万人(アクティブユーザーは300万人ほど)を利用してスマートフォン向け仮想通貨取引所を開きたい狙いだ。その上でbitbankがブローカー向け(B2B)仮想通貨取引所「bitbank for broker」を提供する協業となっている。

また、セレスが運営するポイントサイトで運用されるポイントに、将来的に何かしらの仮想通貨が成り替わる、またはポイントを報酬として得られるインセンティブ形式の支払いに対してブロックチェーン技術の一つ「マイクロペイメント(極小支払い・決済)」を応用することも将来的に考えられる。

bitbankとは|bitbank(ビットバンク)

大型の出資案件で賑わう国内仮想通貨業界

今年2月には三井住友銀行グループ、みずほフィナンシャルグループ、第一生命保険が仮想通貨取引所bitFlyerに合計2億円の出資を行い、話題を呼びました。bitFlyerには2015年に三菱UFJフィナンシャルグループが先行して出資している為、国内3大メガバンクがbitFlyerに出資をしていることになります。

Zaifを運営するテックビューロ株式会社にはインフォテリア、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ投資事業組合、フィスコ、マネーパートナーズが出資。

coincheckを運営するcoincheck株式会社(旧:レジェプレス)にはインキュベイトファンド、ANRI、セレスが出資。

セレスは今回のbitbankへの大型出資以外にも過去にはbitFlyer、coincheckにも提携、出資を行ってきた。それだけ仮想通貨に対して企業としての将来性を感じ取っているのかもしれない。